ケイ素商品へのこだわり

特許技術原料 RB1シリカ(PAW-RB1後継の最新原料)

RB1シリカとは RB1シリカ(PAW-RB1後継の最新原料)とは、特許技術製法によって国産稲100%から作られたケイ素の粉末原料です。パウシリカ商品シリーズは、フレスコ・ヘルスケア社の独自のブランド商品であり、『特許技術原料RB1シリカ』を唯一使用することが承認されている商品です。RB1シリカ(PAW-RB1後継の最新原料)は複数の特許に関連しており、特定の販売代理店以外の流通経路では市販されておりません。 特許技術原料RB1シリカの名前 ■日本表記:RB1シリカ(英語表記:RB1 Silica) 「植物性非晶質水溶性シリカ」 ・植物性:Plant ・非晶質:Amorphous ・水溶性:Water-soluble ・シ リ カ:Silica

世界ダントツのケイ素濃度『ケイ素濃度第一位(ケイ素食品・飲料部門) 410,000ppm※』

原料RB1シリカ(PAW-RB1後継の最新原料)は、あらゆるケイ素を含む食品・飲料(ケイ素配合商品)のなかでもケイ素濃度ランキングが堂々の第1位です。錠剤2粒、または、粉末100mgで、1日の摂取目安量のケイ素40mgが服用できます。RB1シリカのケイ素含有量(Si)はRB1シリカ100gあたり41,000mg(=410,000ppmという意味)もあり、世界的トップシェアの定番ジェル商品(720mg/100g)の約57倍もの含有率があり、少量の摂取で効果が期待できます。これまでのジェル・濃縮液の他社商品は、ケイ素濃度が約6,500ppm~17,500ppmですが、RB1シリカは410,000ppmと約25~80倍近くのケイ素濃度を誇ります(表1)。一般的なケイ素入り天然水商品と比較すると1000倍以上の濃度です。

表2 ケイ素含有量の比較

食品 (100mg) 珪素含有量食品 (mg) 食品 (100mg) 珪素含有量食品 (mg)
RB1シリカ(粉末)※1 41,000 とうもろこし 6
定番ケイ素濃縮液商品※2 837 アスパラ 5
定番ケイ素ジェル商品(珪藻エキス系)※3 720 パセリ 4
大麦 ※4 71 かぼちゃ 2
ジャガイモ 61 いちご 2
小麦(全粒) 48 にんじん 2
※1:第三者検査機関での分析結果のSi含有量 41,000mg/100g から ※2:水中では H3SiO4- 優勢 のイオン状態で存在、鉱物の水晶由来 ※3:珪酸含有量 H4SiO4から算出 2,470*28/96=720 ※4:植物のケイ酸は、SiO2として算出  例:大麦:233*14/46=71

国産稲100%由来、且つ、製造工程でも薬品を一切不使用 特許取得の体に優しい独自製法

ライシア/RBAは、初めての、植物100%由来、かつ、製造過程にも薬品を一切不使用のケイ素の健康補助食品です。複数の特許に関連しており、独自の特許技術製法で作られています。国産稲由来、つまり人間本来の食生活にある植物由来のもので、さらに薬品などを一切使わない事により、体に優しい商品となっています。

唯一、モニタリング効果実証試験の結果が新聞・刊行書籍等で公表されている

唯一、新聞や刊行書籍等でモニタリング実証試験の結果が公表されているケイ素の健康補助食品です。我々にとっても驚きの結果だったのですが、2016年2月に信用ある某新聞紙でも公表されている通り、某デイサービス施設と共同で半年間のモニタリング効果実証試験を実施し、9名(45歳~82歳との女性8名の被験者の方々に一日わずか100mgのRB1シリカ(PAW-RB1後継の最新原料)を服用していただいた結果、なんと全員に喜ばしい結果が見られました。同新聞紙では、「(ケイ素は)ドイツを中心に注目されている。…日本では、植物性非晶質ケイ素をサプリメントとした『RB1シリカ』などが流行している。(引用抜粋)」と記載されています。 あとの「お客様の喜びの声」のページには、モニターの声も一部掲載されていますので、ご参考ください。

稲由来のケイ素は他原料由来のケイ素と比べて、腸での吸収率が高い

RB1シリカ(PAW-RB1後継の最新原料)は、植物性(人間本来の食生活にある植物由来のもの)で薬品などを一切使わないことにより体に優しい商品となっており、デイサービスに通っている高齢者のモニターでも嬉しい変化が見られたケイ素です。若者だけでなく高齢者に喜ばしい変化が見られたということは、RB1シリカならでの結果なので、植物性で体に優しいものであることが理由ではないだろうかと考えられます。 さらに、「ライシア/RBAの高い水溶性・人体吸収率」のページでも詳しく説明しますが、図1は渡辺和彦先生の論文「農産物ミネラルと人の健康(2009)」でも引用されているデータにもなります。同論文では稲系を原料としたケイ素の場合は、他のケイ素と比べて、実際に摂取したものの中で尿に含まれている量が2倍ほど多かった(つまり、摂取量に対して、そのまま大便として排泄されずに腸で吸収された量が多い)ことが指摘されており、稲由来のケイ素は人間の腸で吸収されてやすいことが推定されています。 通常、人は野菜からケイ素を摂取するものですが、野菜に含まれるケイ素は、主に組織が頑丈な植物繊維のなかに含まれ、体に摂取されにくいものです。その点でも、ライシア/RBAを強くお勧めできます。

特許技術による独自製法の原料『RB1シリカ(PAW-RB1後継の最新原料)』「価格」「飲みやすさ」でもダントツ!

ライシア/RBAは本当に良い商品で、自信を持ってお勧めします。しかし、ケイ素は服用を開始してもすぐに変化を実感いただけるものではありません。そのため、ある程度の量を継続的に摂取いただきたいと思い、これまでの商品よりも皆様のご負担が少なくなるように努力しております。 ライシア/RBAは大変飲みやすいため続けることが容易です。錠剤の1日目安量はたったの2粒です。粉末も、1日目安量100mgは、一つまみ分(白コショウの一振り強)と驚くほど少量なので、お味噌やコーヒー一杯の中に100mg全量を入れても入っているか全くわからない程です。上記の「ケイ素サプリメント比較表」でも飲みやすさの違いをご確認ください。 ぜひこの機会に、一度お試しください。

特許製法原料RB1シリカ

(植物性非晶質水溶性シリカ;英語表記:RB1 Silica) 使用。国産稲100%由来。 「健骨・健歯の習慣 ライシアbone」(錠剤) 「健康美人の習慣 ライシアBeauty」(ソフトカプセル) 「健骨・健歯・健康美 ライシア原粉末」(粉末) 客観的なケイ素サプリメントの比較表でも優位性が示されています。 (※ TPCマーケティングリサーチ株式会社・調査 2017年3月16日~24日)

ライシア/RBAシリーズは、ケイ素サプリメントの王様として、フレスコ・ヘルスケア社が絶対の自信を持ってお勧めします。ぜひ一度お試しください。

(※) 『RB1シリカ』への取扱変更および原料規格グレードアップのご連絡  【前取扱PAW-RB1(旧名・PAWシリカ/パウシリカ)⇒ RB1シリカ】 フレスコは、「RB1シリカ」へ取扱の原料を変更致しました。RB1シリカは、前取扱いのPAW-RB1(取扱旧名・PAWシリカ/パウシリカ)よりも、濃度が高まり、水溶性がさらに上昇しております。さらに、RB1シリカシリーズの上位スペック原料の「RB1-Goldシリカ」については、PAW-RB1よりも不純物が10分の1よりも少なく、超高濃度シリカ99%以上で、ナチュラルな白色であり、あらゆる面でグレードアップを達成しております。名称・スペックなどの更新により、以前よりご購入またはご検討いただいているお客様には少し紛らわしく、ご迷惑お掛けいたしますこと、深くお詫び申し上げます。(2019年中旬某日)

ケイ素商品へのこだわり

特許技術原料 RB1シリカ(PAW-RB1後継の最新原料)

RB1シリカとは RB1シリカ(PAW-RB1後継の最新原料)とは、特許技術製法によって国産稲100%から作られたケイ素の粉末原料です。パウシリカ商品シリーズは、フレスコ・ヘルスケア社の独自のブランド商品であり、『特許技術原料RB1シリカ』を唯一使用することが承認されている商品です。RB1シリカ(PAW-RB1後継の最新原料)は複数の特許に関連しており、特定の販売代理店以外の流通経路では市販されておりません。 特許技術原料RB1シリカの名前 ■日本表記:RB1シリカ(英語表記:RB1 Silica) 「植物性非晶質水溶性シリカ」 ・植物性:Plant ・非晶質:Amorphous ・水溶性:Water-soluble ・シ リ カ:Silica

世界ダントツのケイ素濃度『ケイ素濃度第一位(ケイ素食品・飲料部門) 410,000ppm※』

原料RB1シリカ(PAW-RB1後継の最新原料)は、あらゆるケイ素を含む食品・飲料(ケイ素配合商品)のなかでもケイ素濃度ランキングが堂々の第1位です。錠剤2粒、または、粉末100mgで、1日の摂取目安量のケイ素40mgが服用できます。RB1シリカのケイ素含有量(Si)はRB1シリカ100gあたり41,000mg(=410,000ppmという意味)もあり、世界的トップシェアの定番ジェル商品(720mg/100g)の約57倍もの含有率があり、少量の摂取で効果が期待できます。これまでのジェル・濃縮液の他社商品は、ケイ素濃度が約6,500ppm~17,500ppmですが、RB1シリカは410,000ppmと約25~80倍近くのケイ素濃度を誇ります(表1)。一般的なケイ素入り天然水商品と比較すると1000倍以上の濃度です。

表2 ケイ素含有量の比較

食品 (100mg) 珪素含有量食品 (mg) 食品 (100mg) 珪素含有量食品 (mg)
RB1シリカ(粉末)※1 41,000 とうもろこし 6
定番ケイ素濃縮液商品※2 837 アスパラ 5
定番ケイ素ジェル商品(珪藻エキス系)※3 720 パセリ 4
大麦 ※4 71 かぼちゃ 2
ジャガイモ 61 いちご 2
小麦(全粒) 48 にんじん 2
※1:第三者検査機関での分析結果のSi含有量 41,000mg/100g から ※2:水中では H3SiO4- 優勢 のイオン状態で存在、鉱物の水晶由来 ※3:珪酸含有量 H4SiO4から算出 2,470*28/96=720 ※4:植物のケイ酸は、SiO2として算出  例:大麦:233*14/46=71

国産稲100%由来、且つ、製造工程でも薬品を一切不使用 特許取得の体に優しい独自製法

ライシア/RBAは、初めての、植物100%由来、かつ、製造過程にも薬品を一切不使用のケイ素の健康補助食品です。複数の特許に関連しており、独自の特許技術製法で作られています。国産稲由来、つまり人間本来の食生活にある植物由来のもので、さらに薬品などを一切使わない事により、体に優しい商品となっています。

唯一、モニタリング効果実証試験の結果が新聞・刊行書籍等で公表されている

唯一、新聞や刊行書籍等でモニタリング実証試験の結果が公表されているケイ素の健康補助食品です。我々にとっても驚きの結果だったのですが、2016年2月に信用ある某新聞紙でも公表されている通り、某デイサービス施設と共同で半年間のモニタリング効果実証試験を実施し、9名(45歳~82歳との女性8名の被験者の方々に一日わずか100mgのRB1シリカ(PAW-RB1後継の最新原料)を服用していただいた結果、なんと全員に喜ばしい結果が見られました。同新聞紙では、「(ケイ素は)ドイツを中心に注目されている。…日本では、植物性非晶質ケイ素をサプリメントとした『RB1シリカ』などが流行している。(引用抜粋)」と記載されています。 あとの「お客様の喜びの声」のページには、モニターの声も一部掲載されていますので、ご参考ください。

稲由来のケイ素は他原料由来のケイ素と比べて、腸での吸収率が高い

RB1シリカ(PAW-RB1後継の最新原料)は、植物性(人間本来の食生活にある植物由来のもの)で薬品などを一切使わないことにより体に優しい商品となっており、デイサービスに通っている高齢者のモニターでも嬉しい変化が見られたケイ素です。若者だけでなく高齢者に喜ばしい変化が見られたということは、RB1シリカならでの結果なので、植物性で体に優しいものであることが理由ではないだろうかと考えられます。 さらに、「ライシア/RBAの高い水溶性・人体吸収率」のページでも詳しく説明しますが、図1は渡辺和彦先生の論文「農産物ミネラルと人の健康(2009)」でも引用されているデータにもなります。同論文では稲系を原料としたケイ素の場合は、他のケイ素と比べて、実際に摂取したものの中で尿に含まれている量が2倍ほど多かった(つまり、摂取量に対して、そのまま大便として排泄されずに腸で吸収された量が多い)ことが指摘されており、稲由来のケイ素は人間の腸で吸収されてやすいことが推定されています。 通常、人は野菜からケイ素を摂取するものですが、野菜に含まれるケイ素は、主に組織が頑丈な植物繊維のなかに含まれ、体に摂取されにくいものです。その点でも、ライシア/RBAを強くお勧めできます。

特許技術による独自製法の原料『RB1シリカ(PAW-RB1後継の最新原料)』「価格」「飲みやすさ」でもダントツ!

ライシア/RBAは本当に良い商品で、自信を持ってお勧めします。しかし、ケイ素は服用を開始してもすぐに変化を実感いただけるものではありません。そのため、ある程度の量を継続的に摂取いただきたいと思い、これまでの商品よりも皆様のご負担が少なくなるように努力しております。 ライシア/RBAは大変飲みやすいため続けることが容易です。錠剤の1日目安量はたったの2粒です。粉末も、1日目安量100mgは、一つまみ分(白コショウの一振り強)と驚くほど少量なので、お味噌やコーヒー一杯の中に100mg全量を入れても入っているか全くわからない程です。上記の「ケイ素サプリメント比較表」でも飲みやすさの違いをご確認ください。 ぜひこの機会に、一度お試しください。

特許製法原料RB1シリカ

(植物性非晶質水溶性シリカ;英語表記:RB1 Silica) 使用。国産稲100%由来。 「健骨・健歯の習慣 ライシアbone」(錠剤) 「健康美人の習慣 ライシアBeauty」(ソフトカプセル) 「健骨・健歯・健康美 ライシア原粉末」(粉末) 客観的なケイ素サプリメントの比較表でも優位性が示されています。 (※ TPCマーケティングリサーチ株式会社・調査 2017年3月16日~24日)

ライシア/RBAシリーズは、ケイ素サプリメントの王様として、フレスコ・ヘルスケア社が絶対の自信を持ってお勧めします。ぜひ一度お試しください。

(※) 『RB1シリカ』への取扱変更および原料規格グレードアップのご連絡  【前取扱PAW-RB1(旧名・PAWシリカ/パウシリカ)⇒ RB1シリカ】 フレスコは、「RB1シリカ」へ取扱の原料を変更致しました。RB1シリカは、前取扱いのPAW-RB1(取扱旧名・PAWシリカ/パウシリカ)よりも、濃度が高まり、水溶性がさらに上昇しております。さらに、RB1シリカシリーズの上位スペック原料の「RB1-Goldシリカ」については、PAW-RB1よりも不純物が10分の1よりも少なく、超高濃度シリカ99%以上で、ナチュラルな白色であり、あらゆる面でグレードアップを達成しております。名称・スペックなどの更新により、以前よりご購入またはご検討いただいているお客様には少し紛らわしく、ご迷惑お掛けいたしますこと、深くお詫び申し上げます。(2019年中旬某日)